2006年08月15日

チョコレートって健康食品?チョコレート(ポリフェノール)の効果とは?

カカオに含まれるカカオポリフェノールには、血液をさらさらにし、代謝を上げてくれる働きがあります。

そのポリフェノールは、ダイエット効果だけではなく、抗酸化作用があり、血中コレステロールや活性酸素を除去して動脈硬化の進行やがん細胞の増加を防ぎ、免疫力を高める働きがあります。

その他にも、


アレルギー少や花粉症の予防、身体的ストレスや精神的ストレスに対する抵抗力を強める働きがあります。

また、カカオに含まれているカカオバターにはオレイン酸やステアリン酸などの脂肪分が多く含まれています。

オレイン酸は、コレステロールを減少させるピロリ菌殺菌効果があり、ステアリン酸にはオレイン酸の働きを助ける効果があります。

そして、カカオ豆にだけ存在するテオブロミンはリラックス効果があり、空腹時に摂ると満腹中枢を刺激し、食欲を抑えてくれる働きがあります。

posted by gucci at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22381565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。