2007年02月21日

老化防止!!チョコレートに新たなパワーが…

これまで、チョコレートは『ダイエットの敵』と思われていました。しかしながら、近年は、アメリカ中心に健康食品として注目を集めています。


ここ数年、ロサンゼルスの健康食品を扱う専門店をはじめスーパーなどでも、食物繊維とカカオ成分が高く、砂糖や乳脂肪分の低いチョコレート製品が多く扱われるようになっている。
セレブの間でもチョコレート健康法はひそかなブームになってきている。


ブームの生みの親
【ノースカロライナ州キャンプベル薬学大学
         ジョージ・ネメクズ教授】

教授は、チョコレートの成分のカカオを分析

  カカオは…  
  抗活性酵素物質のフラボノールやプロアントシアニジン
  が多く含まれている。

  抗活性酵素物質は…  
  体内に発生する『サビ』である活性酵素を除去する働きが
  あり、フラボノール、プロアントシアニジンは、
  細胞や組織をダメージから守り、老化を防ぐなど
  高い抗酸化作用がある。

  カカオ成分の多いダークチョコレートは…  
  100グラム(板チョコ半分)でワインの2倍、
  緑茶の5倍の抗酸化効果を得ることが出来る。



効果的な食べ方としては、
1日30〜90をグラム目安にすればいいでしょう。
ダークチョコレートやローチョコレートには、食物繊維も含まれており、アーモンドなどと一緒に取るとミネラルも得られます。
2、3かけらであれば毎日とっても問題なく効果が得られます。

健康食品としてのチョコレートパワーは、
高コレステロール血症の患者にファイトステロール
(コレステロールをブロックする植物性のステロール)の
含有率の高いチョコレート1.8グラムを1日3回取ってもらったところ、悪玉コレステロールである低密度リポたんぱく質が、6.4%減少したというオランダの科学者の研究でも、
結果が出ている。


チョコレートすべてが体にいいかというと、そうではない。
ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどは
過去成分が低く飽和脂肪(悪玉コレステロール)も多く含有しているので要注意です。
肥満傾向にある人や肥満の人は、食する際は気をつけていただきたいものですね。

妊婦も胎児に影響を与えることから控えたほうが好ましいそうです。またチョコレートに含まれるテオブロミンは1日に多量摂取(300ミリグラム以上)すると中枢神経への悪影響もあるそうです。

くれぐれも食べすぎには注意していただきたいものです
posted by gucci at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

チョコレートとうまく付き合う方法

意外な健康パワーを秘めたチョコレート。

しかし「よかった〜、これで思う存分食べられる!」と思うのはNO!!


抗酸化作用をはじめ、いくつか体に嬉しい効果を期待できる一方、チョコレートは紛れもなく高脂肪・高カロリー食品。いつでも好きなだけ食べていいというものではありません。


チョコレートとうまく付き合うためには、食べすぎには注意し、食べるタイミングを大切にしてほしいものです。
posted by gucci at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートダイエットのポイントは?

チョコレートダイエットって特に何かを我慢する必要もないし、甘いものも食べられるし、文句ナシのダイエット法です。

チョコレートは栄養が豊富で効果がたくさんあっても高カロリーです。チョコレートダイエットといってももちろん食べ過ぎには注意しましょう!!


美容と健康のチョコレートダイエット!!

そのポイントは以下の3つです。


@三食きちんとバランスのとれた食事をする


Aカカオの含有量が70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコで半分)


B食欲のある人は食前にチョコレートを食べる
posted by gucci at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレート(カカオポリフェノールなど)の健康パワー!!

高脂肪・高カロリー食品であるがゆえに「鼻血が出る」「太る」「虫歯になりやすい」と何かと攻撃されがちなチョコレート(ポリフェノール)。

最近になっていくつかの成分が健康パワーとして注目されている。
ここから、チョコレート(ポリフェノール)が持っている、9つの効果を一緒にみてみましょう!!



1.抗酸化作用


人間の体をサビつかせる活性酸素と闘う抗酸化物質(スカベンジャー)には、水溶性のビタミンC、脂溶性のβカロチン・ビタミンE・ゴマリグナン・リコピン、両溶性(どちらにも溶ける)ポリフェノール類などがある。赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化効果を期待できる。



2.動脈硬化の予防


カカオポリフェノールには、動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。また、動脈硬化は生活習慣病に直結する病気でもあるので、広い意味で生活習慣病の予防にも役立ちます。


3.ガンの予防


カカオポリフェノールの抗酸化作用が、細胞がガンになるのを防いだり、ガン細胞の増加を防いだり、免疫力を強化します。がんの発生とチョコレートの関係については興味深いデータがある。チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないというものだ。例えば、一人当たりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、スイスのチョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる死亡者数は約4分の1となっている。その他、アレルギーや胃潰瘍を予防する効果も期待できるという報告もあります。


4.ストレス対策


身体的ストレスにうまく適応したり、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強めることができます。


5.アレルギー対策


カカオポリフェノールには、アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑えたり、抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用があります。花粉症対策にも最適です。


6.集中力・記憶力UP 
 

チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっています。また、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があることもわかっている。「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る」というのはむしろ逆で、ヨーロッパなどでは寝る前にチョコレートを食べたりする習慣もあるということです。


7.ミネラル、食物繊維が豊富


チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれている。特に女性に不足しがちと言われている鉄分を、おやつにチョコレートを食べることで補うことができる。また、食物繊維が豊富に含まれている点も見逃せない。


8.肥満予防効果


肥満の予防にもチョコレートは効果的です。チョコレートそのものは高カロリーなのですが、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなるのです。また、チョコレートに含まれるカカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています。
食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。



9.歯周病予防効果


また大腸菌や赤痢菌、O−157やサルモネラ菌、胃ガンや胃炎の原因であるピロリ菌や歯周病などに対する殺菌作用も認められています。特に「甘いものを食べると虫歯になる」と言われているのに、実はチョコレートには歯周病予防効果があるのです。
 

 その他にも、疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、栄養バランスの取れた食品とも言われています。

 ダイエット効果を期待する場合はカカオ含有量が70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

 70%以上カカオが含有されているチョコレートは甘みが少ないので、普通のチョコレートとはちょっと違うように感じるかも知れませんね。けれどその甘さに慣れてくるとついついつまんでしまいがちです。

 健康効果があるチョコレート、でも決して低カロリーな食品ではないので、食べすぎには注意してくださいね
posted by gucci at 20:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートやココアの主成分であるカカオポリフェノールとは?

 カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。

 中でも、老化の原因などになる活性酸素を除去する働きの抗酸化作用のあるカカオポリフェノールが有名です。


 ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などで光合成によってできた苦味・渋味成分のことで、主要なものだけでも300種類以上あると言われています。

そのうちの一種が


チョコレートの主成分であるカカオに含まれており、それが、カカオポリフェノールなのです。


 ポリフェノールと言えば、赤ワインが注目されていましたが、チョコレートにはそれをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれています。では、カカオポリフェノールには、一体どのような効果があるのでしょうか

 
 
 続きを読む
posted by gucci at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレート(ポリフェノール)の主成分は?

 チョコレート(ポリフェノール)の主成分と言えば「カカオ」ですよね。

カカオは、西アフリカ、東南アジア、中南米などの熱帯地方生育している植物です。

チョコレートに使われるカカオ豆はカカオの果実の中にある種子で、味は種類や産地、気候などによって異なるということからもブレンドしながら、いろいろな味や種類のチョコレートを作っています。

ココアも、

このカカオからできています。ココアはカラダに良いとテレビや雑誌で紹介されたときは、店頭からココアがなくなったこともありましたよね。
posted by gucci at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートって健康食品?チョコレート(ポリフェノール)の効果とは?

カカオに含まれるカカオポリフェノールには、血液をさらさらにし、代謝を上げてくれる働きがあります。

そのポリフェノールは、ダイエット効果だけではなく、抗酸化作用があり、血中コレステロールや活性酸素を除去して動脈硬化の進行やがん細胞の増加を防ぎ、免疫力を高める働きがあります。

その他にも、


アレルギー少や花粉症の予防、身体的ストレスや精神的ストレスに対する抵抗力を強める働きがあります。

また、カカオに含まれているカカオバターにはオレイン酸やステアリン酸などの脂肪分が多く含まれています。

オレイン酸は、コレステロールを減少させるピロリ菌殺菌効果があり、ステアリン酸にはオレイン酸の働きを助ける効果があります。

そして、カカオ豆にだけ存在するテオブロミンはリラックス効果があり、空腹時に摂ると満腹中枢を刺激し、食欲を抑えてくれる働きがあります。

posted by gucci at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。